2010年08月08日

iPadの将来

今 Android携帯のIS01を使っていて、iPhoneの流行の終焉が近い(多分 早ければ一年)事を強く感じているのだが、Android関係のニュースを集めていて感じるのは、iPadの流行も、そんなに長くは続かないだろうと言う事。

appleは、ニーズの掘り起こしが上手く、音楽だけでなく、色んなメディアを持ち歩く切っ掛けとなったiPodの流行。
日本ではスマートフォンのシェア拡大の起爆剤となったiPhoneの流行。
そしてiPadは、キーボードの無いインターネット端末の普及を促進するだろうと思われる。

ただ…
iPhoneからアプリストアの状態を見ていると、iPhoneの流行の終焉と共に、iPadの流行も終わるのではないかと感じてしまう。

アプリストアの中のアプリが、やたら有料のものが多いのだ。

この状態は、WindowsとMacintoshの状態に似たものを感じる。

今はiPhoneユーザーが多いので、問題は無いだろうが、iPhoneのシェアが狭まれば、appleの一連の端末は、一気に勢いを失うだろう。
そうなると、アプリ作成者が減り、Macintoshと同様の状態、「apple製品は良いんだけど…でもね…」って言う状態になってしまうと思う。

iPhoneのシェアを確保し続ける為には、無料の優良アプリを増やす事。
これに尽きるだろうとおもう。

タグ:iPAD iPhone android
posted by 黄泉 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158809093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。