2006年02月07日

有限会社キリンプロ(2)

この記事(有限会社キリンプロ)を書いた後、
余りにも酷い状態なので、有限会社キリンプロさんに、その事を電話で伝えてみました。

本当は、電子メールで済ませたかったんですけど、メールを送っても駄衛門(MAILER-DAEMON)さんがお返事を返してきてくれます。
つまり、不通って事ですね・・・
で、仕方がないんで、電話で連絡した訳です・・・。

電話が繋がり最初に出たおねぇ〜ちゃん、勝手に営業マンだと思い込み、
「はいはい、伝えておきますよ。」みたいな感じで応対、
んで、普段 温厚(かはあやしいが・・・)な私ですが、ぶち切れてしまいました。

だってさ?インターネット利用者の15%以上が、
ちゃんと自社のWEBサイトをまともに見れないと言う一大事を知らせる電話なんですよ?
全世界のInternet Explorerの使用率を、国内に置き換えるという単純計算しても、
7000万人以上に増えているされる国内のネットユーザーの内の、
1000万人以上が有限会社キリンプロのWEBサイトをまともに見れないと言う事になるのだ。
1000万人以上ですよ?
それなのに、適当に話しを聞いて、意味も理解出来ないで生返事、
※:内心「この女は馬鹿か?」と思ったのは秘密です。
で、「親切心で電話してきている相手に対して、何て態度ですか?私は非常に腹が立ちました。とにかく上の人間をだせや!」
と怒鳴り付けたら、流石に驚いたらしく、早々に他の人と代わる。
※:「だったら、最初から代わっとけよ。」と思った事も秘密です。

電話を代わった人は、やはり女性だったのだが、先程の賢い女性と違い、落ち着いた感じの人で、
「キリンプロさんのWEBサイトが、インターネット利用者の15%以上の人がまともに見れない状態にある事をお伝えし様と電話しました。」
と言うと、「え!?」という感じで驚き、私に詳細を聞いてきました。
で、単純計算でも、国内のネット利用者の1000万人以上の人が、有限会社キリンプロのWEBサイトがちゃんと見れない状態にある事、
WEBサイト上で公開されているメールアドレスも不通である事を伝え、
製作会社の確認不足から起きた問題で、普通に考えたら有り得ない事だと伝えました。

どうもこの有限会社キリンプロのWEBサイトを作成した会社は、イーストアーの関連会社か、イーストアーのサーバーを利用しているサービスを販売している様なのだが、(根拠)
法人のWEBサイトの作成を請け負うには、スキル的に低過ぎるのではないかと思われる。

何故なら、この有限会社キリンプロのWEBサイト上で連絡先として"リンク"しているメールアドレスは、アカウントがwebmasterとなっているのだ・・・
は?WEBサーバーの管理者としてのアカウントが、何故 会社の連絡先なんだ?
しかも、"表記されている"メールアドレスのアカウントは、postmasterとなっている・・・
なんですか?これ?
メール関連の管理用アカウントを表記しているのも変だが、リンクされているアドレスと異なる事も意味不明である。
もう、初歩も初歩のミスじゃないのだろうか?

きっと、営業が来て、言われるままに製作を依頼したのかも知れないが、詐欺に近いんじゃないかと思う。
これで数十万円も費用が掛かっていたら驚きである事は言うまでもないが、どうなんだろうか?

まぁ〜とにかく、
「最初に電話に出たねぇ〜ちゃんが、一番 どうし様もないな」
と言う気持ちが、このクズ製作会社への思いより、遥かに大きかったりするのだが・・・。(-_-;;;)
posted by 黄泉 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成仮面ライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。